「加代子」
「何? ぁ」
 加代子のお尻を触る。
f10b833a2d46aadfd6cfb17ec8eee5c71
「ちょっとひろし……」
「お尻は嫌?」
「そうじゃないけど、博子がいるのに……」
「じゃあ、こっちに」
 加代子を別の場所に連れていく。

「加代子」
「ぁん。いつまでお尻触ってるの?」
「いや?」
「そうじゃなくて……」
 あそこを触って欲しいのだ。

「ここかな?」
 加代子のあそこを触る。
「ぁん♡」
「トロトロだよ?」
「入れて♡」
 加代子の中に入れる。
「んはあ♡」


 その頃、博子は。
「二人とも、どこ行ったのかしら?」
 博子は探していた。
「いると思ったのに。二人していないってことは……」
 博子は思い当たる場所を探すことにした。

「こっちかしら?」
「ん♡ひろし」
「この声……」
「加代子」
「んはあ♡」
「もしかして、エッチしてる? 二人とも!」
c3ee50d95a0feeee1571d131cc46aa34


「えっ? 博子?」
「なんで?」
「探してたのよ。なのに、エッチしてるなんて」
「加代子、締めないで」
「そんなこと言っても」
 博子が近くに来る。その時、ひろしは博子のおっぱいを揉む。

「ぁん♡」
「はあ、はあ。博子」
「仕方ないわね」
 博子が水着を脱ぐ。
「吸って♡」
「ちゅーちゅー」
「はあん♡」
 ひろしは腰を動かしながら、博子のおっぱいを吸う。

「ぁん♡ひろし、私……」
「ひろし、私も……」
「俺も」
「一緒に」
「「「イクぅ!」」」
 ひろしは加代子の中に射精する。
「「はあぁぁぁああん!」」
 二人はひろしに寄りかかる。二人のおっぱいを揉み続けた。
このエントリーをはてなブックマークに追加


366b75533cce390be6b233e6cb8d038e1
「まいか」
「あん♡壱成」
 壱成とまいかはそのままつながっていた。


「壱成に舐められて、我慢出来なかったの」
「俺もまいかとエッチしたい」
「壱成、気持ちいい」
「まいかも」
 壱成はまいかのおっぱいに手を伸ばす。
「ぁん♡」
「おっぱい気持ちいい」

「ん。乳首擦れて……」
「ここ?」
「んぁ♡」
 まいかのあそこが締まる。
「うっ」
「壱成のおちんちんが動いたよ?」
「もうすぐ」
「出るのね?」
「うん」

「出して」
「まいか」
 まいかの奥を突く。
「ぁん♡」
「うっ」
 まいかの中に射精する。
「はあぁぁぁああん!」


「あれ、お兄ちゃん?」
1ef97dcea23afac2de0724a7ab07c4c51
 カレンが来た。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロアにヴヴヴと小さな音が聞こえる。
18abb03ce719f4d2430ffb92237d20a7
 俺はちかの乳首にローターを当てている。
「あん♡お兄さん、気持ちいい」
 ちかにはスク水を着てもらっている。
「ちかのあそこ、濡れてるよ」

「ぁん♡乳首、しびれて」
 ちかの乳首は勃起している。ローターの振動が直に伝わる。

「スク水脱いで、直接当ててみる?」
「それはダメ。ぁん……おかしくなっちゃう」
「じゃあ、あそこに当ててみる?」
「もっとダメぇ。あひぃ!」
 ローターを強く押し付ける。

「本当はおちんちん欲しいんでしょ?」
「ぁう……おちんちん欲しい……水着脱がして……ずぼって」
「ちか、見て」
 おちんちんを出す。
「ぁ……」
 ちかが期待込めた目で見る。

「どうしてほしいか言ってごらん」
「おちんちん、入れて」
「水着、脱がすよ」
「うん」
 水着を脱がすと、ちかのおっぱいが揺れる。

「はあ、はあ」
 ちかが息を荒くしている。
「入れるよ?」
「はい」
 ちかの中におちんちんを入れる。
「んはあ♡」
 ローターをちかの乳首に当てる。

「あひぃん♡すごい。おちんちんも乳首も」
「ちかの中、締まるよ」
「気持ちいいのぉ。あん♡イクッ」
「うっ」
 いきなりの締め付けに我慢できず、ちかの中に射精。
「はああぁあん!」
 ちかのおっぱいを鷲掴みする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ